マニアックな喫茶はスペシャリストな謎な店


久しぶりの中4日? チックな登板機会を得ることが出来て大変光栄です…なんてなって@ですけど何か?

久々と言うだけあってネタをたんまり蓄えたpizza状態でお送りいたします。
もう食べれないお(^~^)

さてさて先ず最初のネタは土曜の前半戦であります。
珍しい事に秋葉に…って珍しいのはそこじゃない。
なんと秋葉で会社の同僚と待ち合わせですよ。
年に数回会うか会わないかな同僚とですよ?…ってそこも微妙にずれてるか。
同僚と秋葉って状況に違和感かもしれないが、仕事柄秋葉チックな趣味趣向な人は割といるんで隠さなきゃ生きていけない事はない。
で向かう先はメイド喫茶ですから!!
う~んなんて素晴らしくアレな生活送ってるんでしょう。

何か同僚は現在秋葉近辺の会社に出向いて働いている。
そんで一緒に出向いた仲間とできたばかりのメイド喫茶に行ったらハマっちゃったんだそうだ。
そんで昼待ち合わせて早速行く、手前に行列のできる法r(ryじゃなくてメイド喫茶が…。
でもここじゃね~って先に行くと有りました有りました。
快適だって同僚の言う通りかなり人はいない。
内装は落ち着いた感じではなくどっちかって言うとクリーム色チックな黄色と赤なかわいい系な配色。
5回来ただけなのにもう常連な同僚は『○○さん』って呼びかけられてた。
クヲリティが高いですマジで、と思いつつも座る。
メイドさんは結構個性的でなんかほのぼのしちゃう感じ。
このメンツで普通採用しないでしょって感じ(多分基準はビジュアルじゃないな)
でもってその中にガッツり話す、話のスペシャリスト的メイドさんがいてちょっと姉御チックなキャラと同僚を多少いじりながらトーク。
本人曰く口から生まれたんだとさ…。
結構人少ないんでトークは色々したが、最初に話しかけるのは決まって話のスペシャリスト。
その次に話したのがどっちかって言うとおとなしめなメイドさん。
その人は店に訪れた時にたまたま社長と募集中の話をしたら、面接受ける? 的なノリで受かって現在に至る…みたいな。
どこのジャニさん? って感じな言うなら『YOU来ちゃいなよ』状態。

でここでの目玉は文字を書いてくれるって奴。
とりあえず頼んでみる、しかも「わび、サビ」をテーマにメイドさんの感性で。
そしたら『奈良の大仏』って言葉がかかれてる、そう来たか。
そのメイドさんが書いた文字の真相は…
最近カクテルを夜出すらしく、彼女のカクテル名が奈良の大仏なんだそうな。
そもそも全然味の想像がつかないネーミングがアレ。

そこのメイド喫茶にはコミュニケーションノートが2席に1つな割合くらいで置かれていて絵を描く系な秋葉人な同僚は毎回書いているそうな。

後半は永遠とメイドさんに絵のリクエストをもらって創作タイム。
丸メガネ、おっとりまではよかったが、話のスペシャリストがゴスロリと言ったからさぁ大変。
細くない普通のボールペンでめっちゃ細かいフリフリデザインに挑戦。
その時スペシャリストが発したのは『太かったら削るよ』ってインクだだ漏れしちゃうじゃんww

緑ボールペンで書いて紫の唇とかは却下(フリーザを想像しちゃったらしい)。

どんどん乗せられて2品目を頼むように仕掛けるスペシャリストは秀逸です。

そんな感じでチャチャ入れたりしながらできた作品見たら本当にこんな太いペン先で書いたん? って言いたくなる程細かな出来上がり。
流石だとおもったわ。

今日のまとめ的この店凄いポイント
・個性派重視なキャスティング
・なぜか他店の情報に詳しい
(オススメ店やイベントについて教えてくれる)
・列ぶことはまずない(でも黒字経営らしい謎…)

本日のお話はここまで…またのご来店をお待ちしております。

次回は絶対領域とダーツの関係について!?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント