ねっころがった世界を見渡して感じるもの…


午前中暇だったのに業務時間終盤に立て続けに作業依頼を受ける罠に引っかかって仕事が長引いた@です(まぁ開発の頃に比べれば可愛いもんだけど…)。

さてさて今日は何かといいますと、日曜はヒッキーだったんだけど一応画像整理とHPアップ作業をしてた訳ですよ。
その前の土曜にキャラにはないメガネで撮らせて頂くという人によってはいやがられる一種の禁じ手をした写真を一心不乱にアップすべく作業ですよ。

先行してHPトップにメガネにピントを合わせたネタ写をアップしてたりすんだけどね。
イベントってのは基本並んで声かけて撮らせてもらうんだけど、衣装を何度も変えてて知り合いさんに何度も撮られていたり大盛況ぶり。

自分と同じくメガネ好きって事でメガネをかけてくれたんですわ。
やっぱメガネは通じ合うんかねぇ、メガネに悪い人はいないですわ。

最後の方には周りは身内(知り合いの事)ばっかだったので、撮影会でなきゃ普通出来なそうな寝て撮影なんかもしてみた。
何か寝て撮るってのもシンパシーを感じてしまいましたさ。

しかしねっころがるだけで何で世界観が違ってくるんだろうか不思議になる。
同じ表情をとらえても立ってるのとも、座ってるのとも違うんだよね。
上から撮れば時間が止まったかのような、下で撮れば温かみを感じるようなそんな雰囲気が何か好きである。

また比較的ねっころがるって行為はリラックス出来るのか柔らかい自然な感じに撮る事が出来る気がする。

今宵はねっころがるについて語ってみましたとさ…


あとがき
一応画像アップはしたけど時系列が狂うからブログでだけ直リンク公開してみる。

http://kinmokids.web.fc2.com/20060520/20060520.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • てつなべ

    F1.4レンズは極薄の被写界深度ですね。
    カリっとしたシグマ風の絵作りの特性はこのレンズからも感じます。いいなぁーホスィなぁー。
    2006年06月02日 01:18
  • えーっと…言ってる内容の殆どが見えませんけど、凄いって事でしょうかね?
    まだ全然レンズについて知識ないですわ。
    勉強ですな。
    2006年06月03日 10:43