あおこよ!! 美人メイドとそれを守るメイドガイについて・・・。

何だか久しぶりにこれを書くのだが、ってかいつのまにか年越ししてるし・・・。
ま~書かないあいだ色々有ったさ~。
「メイド男と秋葉めぐり」「オヤジが線路に逃げ込んだ」「一眼ついに買っちった」「イイねと感じる仕草」
「写真と名刺inオタ祭典」「HP立ち上げに向けて」「秋葉にフリーメイドが現れた!?」
「自分がカメコをする理由は何なのか」・・・etc
まだあるかも知れんがさて今回は何を取り上げようかなぁ・・・。

「メイドになりたい、メイド服を着てみたい」そんな願望を感じているのは女性だけではない。
ネタでという感じな部分もあるのだろうが、除草してみたいなどと思う人は少なからずいる。
一般的にはとにかく「きんもーっ☆」なのかもしれないが、本気でメイクなどきれいになる努力
をして密かに除草を試みる人もいれば、ネタで着てみる人もいる。

その日はイベに行くため秋葉に訪れていたのだが、その日はメイド服が着たい男達が集まっていた。
11時頃に秋葉の広場に集まったのは怪しげな集団。
そのうちの1人はOFFで知り合った人だったので軽く挨拶をしてみた。
そのOFFで知り合った人はかなり美形なので女性ものも似合ってしまう。
しかも集まった時点で普通に女性の服装といった用意周到ぶり、女性と間違えてもおかしくない。
その集まりは予定としてカラオケに向かって着替えるらしかったので、
カラオケはちょっとということで知り合った人ともう1人が、自分と一緒に行動することになった。
とりあえず自分はカメコなので、2人を撮ったら何だか美女とと売れないホストな感じに見えてしまった。
その後メイド服に着替えて街に繰り出す感じは異様である。
1人は美人メイド、もう1人美人メイドのボディガードちっくなメイドガイである。
着替えの荷物を両手に持つ姿はハードボイルドな感じすらある。
また適度にカメコした後これからどうするかとなってメイド喫茶に行こうとなった。
メイド喫茶にある意味殴りこみである。
メイドの店員に客もメイド、しかも美男子である。
何か凄い状態である。
街中では「写真いいですか」とか、「女性の方ですか」などと美人メイドさんは声かけられていた。
もちろんメイドガイの方はネタなので見向きもされてなかったけど、見方によっては何故か男らしい不思議な感じ。
メイド喫茶を訪れた時意外と普通に対応されるあたり、秋葉は何でもありなのか馴染んでるのかなんて思ったりした。
でもやっぱり注文を取りにきた時に「男性の方ですか?」とどちらかわからなげに質問してきた。
何だか広場の怪しい集団をバイト前に見たらしくて、今厨房のメイドさん達の間で話題になっているとの事。
女性からみても綺麗で素敵らしく、秋葉でメイドといえば彼とOFF参加者の中では定着する位で人気も高いのである。
「美人男メイドVSメイド喫茶店員」の構図はかなり見ごたえがあったですわ。

メイド服体験者いわく最初は視線が痛い感じらしいいが、なれると結構普通にいれるらしい・・・。
美人メイドさんとそれを守るボディーガードのメイドガイはとても素敵に輝いていましたよ、ええ。

「メイドガイを勝手にプロデュース」もありかもしれない、夏に向けたプロジェクト始動!?

"あおこよ!! 美人メイドとそれを守るメイドガイについて・・・。"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: